ばんとう ─山陰初の私立中学校をつくった男─ 発売!


 鳥取県立鳥取中央育英高等学校は、平成29年秋に創立110周年を迎える。創設者は豊田太蔵(とよだ・たぞう)。明治の文明開化から山陰が取り残されたのは、ひとえにこの地域に優秀な人材がいなかったからだと、太蔵は私財を投げ打って学校開設に奔走した。
 小説家・松本薫が、幕末の動乱期から鳥取県が島根県に併合された歴史、さらに、この時代に活躍した大庄屋・武信佐五右衛門と武信潤太郎、薩摩の英雄・西郷隆盛などを登場させながら、教育狂人と呼ばれた太蔵の苦難と感動の人間ドラマを描く。
 太蔵の高い志は、今も在校生や卒業生、地域の人々の心に連綿と伝えられている。少子高齢化と人口減少のなかで悩み苦しむ、鳥取県をはじめとする地方の人々に、この物語は地方創生に向かう勇気と希望を与えるものになるだろう。






育英高の祖、豊田太蔵
郷土の未来を切り拓く理想を燃やし、私財を投げ打って学舎を起こした豊田太蔵翁。国が栄える根本は教育にあると説き、唱え続けた「克己」の校訓は今日なお受け継がれている。人づくりへの並々ならぬ情熱。教育狂人と慕われた傑物。地方創生と人づくりに挑む山陰を生きる私たちの胸に、太蔵の生き様は重く響く。












書名:ばんとう ─山陰初の私立中学校をつくった男─ 
著者:松本 薫
挿絵:蔵りすと 森井裕子
発行:鳥取県立鳥取中央育英高等学校同窓会
発売:今井出版
定価:1,500円+税
ISBN:978-4-86611-080-6
2017.09.07.thu.



※書籍に関するお問い合わせは今井書店まで
http://www1.imaibooks.co.jp/ec/




お近くに取り扱い書店のない場合は 
インターネット書店Amazon、楽天など)や
当社ホームページよりお買い求めいただけます。

 http://books.rakuten.co.jp/rb/14356425/

http://www.amazon.co.jp/%E8%A7%A3%E8%AA%AC-%E5%87%BA%E9%9B%B2%E5%9B%BD%E9%A2%A8%E5%9C%9F%E8%A8%98-%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E6%96%87%E5%8C%96%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/dp/4906794513/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1401669769&sr=1-1










豊島利通板画集 発売中!



 この度、「大山」が縁で、来年平成30年に大山開山1300年を迎えるにあたり、「祐生出会いの館」で、「大山」を題材とした木板画作品展を開催させていただきました。この木板画集は、その展示作品を中心に、大山以外の木板画作品も少しばかり付け加えたものです。
 版画は、他の絵画と異なり、同一の作品を何枚も製作することができるという特性があります。気に入った作品を趣の異なる額装で楽しむこともできる面白さもあります。次々と絵の具を付け加えて表現していく足し算のような絵画に対して、木板画は板のどの部分を彫って削り捨てて表現していくかという引き算のような芸術といえます。この画集から、皆さんの心の中に、大山あるいは木板画に対して何かしらを感じていただければ幸いです。
(「あとがき」より抜粋)

●版画暦
昭和30年頃〜 版画指導の要点を把握するために版画を始める
昭和40年頃〜 鳥取県美術展覧会(県展)に出品し毎年入選
昭和40〜56年 新世紀美術展に入選、東京都美術館で展示される
昭和55〜56年 全国美術家協会展(全展)に入選、東京都美術館で展示される
昭和57年〜  中央画壇には出展せず対外的には県展のみ出品
昭和48年 鳥取県美術展県展賞受賞
平成2・3年 鳥取県美術展県展賞受賞
平成4年〜 県展無鑑査となる
平成16〜18年 県展審査員
平成19年 北東アジア地方政府サミット美術作品展に出展
平成23〜24年 県展審査員
平成23年〜 米子版画同好会会長










書名:豊島利通板画集
発行:豊島利通
発売:今井出版
定価:1,800円+税
ISBN:978-4-86611-096-7
2017.09.01 fri.



※書籍に関するお問い合わせは今井書店まで
http://www1.imaibooks.co.jp/ec/