『鳥取藩研究の最前線』 発売!







◆目 次
序 章 鳥取藩政資料とその研究
第一章 鳥取藩家老制度の成立過程/雨坂本 敬司
第二章 鳥取藩士の勝入法事創始と画像の招来
斎藤 夏来
第三章 近世鳥取城下町における上水利用〜水道設備と袋川の環境維持〜
伊藤 康晴
第四章 鳥取藩江戸上屋敷絵図の年代について
金行 信輔
第五章 江戸の鳥取藩─光仲・綱清期における─
池内  敏
第六章 鳥取藩・鳥取藩士と江戸寺社
岩淵 令治
第七章 米子城二の丸御殿の復元的考察
金澤 雄記
第八章 鳥取藩の大庄屋制について─近世中期を中心に─
大嶋 陽一
第九章 鳥取藩における「血判改」と褒賞
岸本  覚
第十章 幕末期の国事システムと大名「御側」─池田慶徳とその周囲─
笹部 昌利













書名:鳥取藩研究の最前線
編集:鳥取藩政資料研究会
発行:鳥取県立博物館


定価:3,000円+税
ISBN:978-4-86611-065-3
2017.03.31.fri.



※書籍に関するお問い合わせは今井書店まで
http://www1.imaibooks.co.jp/ec/




お近くに取り扱い書店のない場合は 
インターネット書店Amazon、楽天など)や
当社ホームページよりお買い求めいただけます。

 http://books.rakuten.co.jp/rb/14356425/

http://www.amazon.co.jp/%E8%A7%A3%E8%AA%AC-%E5%87%BA%E9%9B%B2%E5%9B%BD%E9%A2%A8%E5%9C%9F%E8%A8%98-%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E6%96%87%E5%8C%96%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/dp/4906794513/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1401669769&sr=1-1